ENTERTAINING,  Feature,  INTERIOR IDEAS,  RECENT POSTS,  USEFUL TIPS

日米で全然違う!?アメリカの子ども部屋事情。

皆さんは何歳頃から自分の部屋が与えられましたか?

そこにはどんな家具を置いていましたか?勉強はどこでしていましたか?

 

アメリカの子どもたちは、生まれて来る前から自分の部屋が与えられ、ベビーべッドで一人で寝ます。

日米の住宅事情の違いもあるので用意出来る部屋が無いとなかなか難しい事ではありますが。

今回はそんなアメリカの子ども部屋事情についてまとめてみました。

勉強する子ども

 

 

アメリカの子ども部屋ってどんなイメージ?


【赤ちゃん~幼少期】

欧米の赤ちゃんは夜一人で寝る、というのは日本でもよく知られていると思います。

生まれて間もない生後数か月は大人のベッドルームにベビーベッドを置いて同じ空間で寝る事もあるようですが、日本の感覚よりもだいぶ早い段階でアメリカの赤ちゃんたちは自分の部屋で一人で寝るようになります。

小さい赤ちゃんと同じベッドで寝るのは押しつぶしたりしそうで怖い、赤ちゃんも大人も別々で寝た方がお互いゆっくりと眠れる…といった感覚故に、赤ちゃんにも一台ベッドを用意するのです。赤ちゃんは数時間おきに起きるので、別室にお世話をしにいくのは大変ではありますが、赤ちゃんのお部屋にはベビーモニターを設置し、何かあったらすぐ対応出来るように工夫しています。

もうひとつ、アメリカでは夫婦の時間を持つ事もとても大切にしています。日本では小さな家族が増えたのをきっかけに、みんなで川の字になって寝る、もしくは赤ちゃんとお母さんが一緒に寝てお父さんは別室で寝るパターンが多く見受けられます。しかしアメリカでは赤ちゃんが生まれたのを機に夫婦別室になることはありません。

また幼少期には寝かしつける時に添い寝はしません。よくアメリカの映画やドラマで、お母さんが子どものベッドの横にある椅子に腰かけて絵本を読んだり物語をお話しし、”おやすみ”といって電気を消して部屋を出るシーンがありますよね。子どもが怖い夢を見てしまったら、大人の部屋へやって来て”今日は一緒に寝ても良い?”と言うシーンとか。そんな風に、アメリカの子どもたちは早くから一人で寝る力を身につけるのです。

日本の感覚だと、まだ小さい子が一人で寝るなんて寂しくないかしら?と考えてしまいますが、アメリカ人は小さい子どもでも個人を尊重し、自立心を育むことを大切にしています。とはいえ幼い頃は、一緒に寝ることで子どもに安心感を与えたり、スキンシップも大事だと見直す意見もあるようですが、まだ一般的には最初にご紹介した様なスタイルが多いかと思います。

 

アメリカの赤ちゃんの部屋

 

アメリカでは赤ちゃんが生まれる前からnursery(ナーサリー)という赤ちゃん用のお部屋を用意します。そこにはベビーベッドや、授乳時に使う座り心地の良いチェア、changing table(チェンジング テーブル)というオムツ替え用の台、絵本やおもちゃなどが置かれます。Instagram(インスタグラム)やPinterest(ピンタレスト)で「nursery」とワード検索すると海外の素敵な実例をたくさん見る事が出来ますよ。

アシュレイの過去のブログもぜひ参考にしてみてください。

【過去のブログ】赤ちゃんがいても素敵なインテリアを保つには…「海外の赤ちゃんのいるリビング☆」

 

 

【小学生】

幼い頃から自分の部屋が与えられているアメリカの子どもたちは、個性をインテリアで表現するのがとても上手です。ピンク色が大好きな子はピンクだらけのお部屋にしたり、ヒーローが大好きな子は壁にポスターを貼ったりフィギュアを飾ったり。

小学生になるとそれなりに自我が芽生えてきますので、自分で部屋をアレンジするようになります。日本だと親の意見も取り入れながら、上手に子ども部屋をコーディネートしていくイメージですが、アメリカでは子どもたちの好きなように、思い思いに部屋をデコレーションしています。そんな子どもならではのポップな色使いこそ海外の子ども部屋!という感じがしますよね。

歳の近いきょうだいがいる場合は、同じベッドルームにするご家庭もあります。それでも各々のベッドに個性を出したりして、きちんと自分を表現しているのがさすがです。

 

アメリカの女の子の部屋

Twin Bed Frame with Storage B188-62N/63N/82N/60  Exquisite (エクスクウィズィット)

W102 D223 H130 ¥101,600+税 (スノコorウッドファンデーション、マットレスは別売)

 

アメリカの兄弟のベッドルーム

Twin Bed Frame B446-52/53/83 Trinell (トリネル)

 

 

【中学生~】

アシュレイのカテゴリー”Youth”は10代向けのバリエーションが豊富です。小学校高学年~中高生ですね。なので、Youthの家具一覧を見ていただくとアメリカのティーンエイジャーの趣味・嗜好を感じ取っていただけるかと思います。

小学生から中学生へと成長する過程で、お子様の好みもまた変わってきますよね。アメリカでは気軽に壁色を変えますので、小さい頃はピンクやブルーなど可愛い色合いだったのを、子どもの成長や趣味の変化に合わせ落ち着いた色に変えたりします。実際は気軽に…とはいかなくても、ウォールアクセサリーやベッドリネン、カーテンを掛け替えるだけでもお部屋の印象はぐっと変わります。

また次のテーマにも書いておりますが、中学生になると勉強時間も長くなってくるので、自分の部屋に机を置くようになります。

また育ち盛りのお子様のベッド選びには、Twinサイズより少し大きい、Fullサイズを選ぶ事も。

 

アメリカの女の子の部屋

Twin Bed Frame B502-52/53/83 Kaslyn (キャスリン)

 

アメリカの男の子の部屋

Full Bed Frame

現在廃盤の為、類似商品はこちら→B280-572 Nashburg (ナッシュバーグ)

 

 

勉強机がないのはどうして?


アシュレイではよく「子どもの勉強机はありますか?」とお問合せをいただきます。日本ではお子様の小学校入学に合わせてお部屋を用意し、勉強机を新調する方が多いかと思います。

ところが、日本の学習机のように機能的なものはアメリカにはあまり無いのです。それは何故かというと、小学生くらいのアメリカの子どもたちの勉強場所は、キッチンカウンターやダイニング、リビングのソファ、ベッドの上…等々。専用の机に向かって勉強するスタイルでは無いからなのです。

このスタイル、日本でも最近はダイニング学習など親の目の行き届くところで勉強をさせるのが良いという考え方が普及してきており、国内デスクメーカーではリビング・ダイニングのインテリアに馴染むようなデザインもラインナップに出てくるようになりました。

アメリカでは中学生くらいになって勉強量が増えてくると、自分の部屋にシンプルな机を置くようになってきます。幼少期~小学生くらいの子ども部屋には、勉強机ではなく工作用のキッズテーブル&チェアを置いたりする事があります。

 

↓その名もArtist Desk (アーティスト デスク)

アメリカの工作用机

 

↓キッズサイズのテーブル&チェアを子ども部屋に置いたり、リビングやダイニングに置いたり。

工作やゲームをする場所として使います。

アメリカのキッズデスク&チェア

 

↓勉強机におすすめはこちら

Ashley kids desk B188-22/23

B188 Exquisite(エクスクウィズィット)

 

ashley desk H320-24

H320 Gerdanet (ゲルダネット)

 

Ashley kids desk H505-710

H505 Mirimyn (ミリミン)

 

ashley kids desk H300-310

H300-310 Bertmond (バートモンド) 

 

 

ぜひ観て欲しい!子ども部屋のインテリアが参考になるアメリカの映画やドラマ。


【映画/マイ・インターン】

ニューヨークのブルックリンが舞台のファッショナブルで心温まる映画です。2015年に劇場公開され、今はDVDやNetflix、Amazon Prime Video等で観る事が出来ます。ファッションサイトを立ち上げCEOとしてバリバリ仕事をこなすキャリアウーマン役にアン・ハサウェイ、そこへやってくるシニアインターン役にロバート・デ・ニーロ。歳の離れたこの二人のやり取りが個人的に大好きで、何度も観ています。そしてストーリーの面白さもさることながら、インテリアもまた素敵なのです。ブルックリンというと、日本でも人気のあるインテリアスタイル発祥の地でもありますが、古い建物の特徴を活かしながら作り上げる味のあるインテリアが特徴。アン・ハサウェイ演じるジュールズ家もまさにブルックリンらしいブラウンストーンの外観に、中はモダンとヴィンテージを程よくMIXしたとても素敵な空間になっています。ジュールズの愛娘ペイジは、いつも専業主夫のパパとお話しながらキッチンカウンターで朝食をとったり、工作したりしています。作中はあまり映りませんが、ペイジのお部屋もとても可愛いので是非チェックしてみてくださいね。

「マイ・インターン」映画公式サイトはこちら

 

【ドラマ/超能力ファミリー サンダーマン】

アメリカで2013年から2018年にかけて4シーズン放送された子ども向けドラマです。日本では今NHK Eテレでシーズン4が放送されています。家族全員がそれぞれに異なる超能力を持つサンダーマン一家なのですが、元々は世界の犯罪と戦っていたヒーローである両親は、平穏な暮らしを求めて子どもたちに超能力を封印するよう言い渡します。しかし、やんちゃ盛りな子どもたちは日常生活の中で様々なトラブルを巻き起こしてしまう、ドタバタのコメディ・ドラマです。5人きょうだいなのですが、アメリカンで個性的な子どもたちの部屋が楽しめると思います。アメリカ郊外にある邸宅なので、とても広々しています。アメリカの子ども向けドラマ、面白いですよね。フルハウスも久しぶりに観たいです…!

「超能力ファミリー サンダーマン」NHK番組サイトはこちら

 

 

アシュレイで人気のシリーズをご紹介


 

アシュレイで人気のベッドルーム家具 B188シリーズ

B188 Exquisite(エクスクウィズィット)

プリンセススタイルが好きなお子様に大人気です。

  アシュレイで人気のベッドルーム家具 B446シリーズ

アシュレイで人気のベッド B466シリーズ

B446 Trinell (トリネル)

ヴィンテージなデザインが今どきでおしゃれなシリーズ。

ロフトベッドは収納力抜群で、高いところが好きな(!?)子どもにはたまらないですよね。

 

アシュレイで人気のベッド B743シリーズ

アシュレイで人気のベッド B743シリーズ

B743 Realyn (リーリン)

大人になっても使えるシャビーシックなデザイン。デイベッドタイプも人気です。

 

アシュレイで人気のキッズルーム家具 B388

B388 Loft Youth

B388 Caitbrook (ケイトブルック)

下の収納パーツは好きな位置へ入れ替えて使う事が出来る、とても優秀なロフトベッド。

 

アシュレイで人気のベッド B106-59

Twin/Twin Bunk Bed w/Ladder B106-59 Dinsmore (ディンズモア)

W107 D199 H156 ¥62,800+税 (スノコorウッドファンデーション不要、マットレスは別売)

 

アシュレイで人気のキッズルーム家具 B410シリーズ  B410 Lonnix (ロニックス)

グラムスタイルが好きなお子様におすすめです。

 

アシュレイで人気のキッズルーム家具 B733シリーズ

アシュレイで人気のキッズルーム家具 B733

 B733 Lettner (レットナー)

こちらも大人になっても使えるデザインが人気のシリーズ。

グレーとベージュを混ぜたようなグレージュ色が、他のインテリアにも馴染み優しい印象になります。

 

 

子ども部屋はどうあるべきなのか?子育てには本当に様々な見解がありますが、日本とアメリカの考え方のそれぞれ良いところを取り入れていけると良いですね。

皆さんのおすすめの子ども部屋が素敵な映画やドラマがあれば、ぜひ教えてください。

tana

 

アシュレイホームストアより最新情報を発信しています!

公式ホームページはこちら

インスタグラムはこちら

フェイスブックはこちら

Ashley Furniture Homestore KOBE

アシュレイホームストア神戸
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中6-9
神戸ファッションマート3F
TEL.(078)858-1221 FAX.(078)858-1222

Ashley Furniture Homestore AICHI

アシュレイホームストア愛知
〒470-0224 愛知県みよし市三好町上砂後1
TEL.(0561)33-3080 FAX.(0561)34-0625

Ashley Furniture Homestore YOKOHAMA

アシュレイホームストア横浜
〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南2-11-1
TEL.(045)914-3580 FAX.(045)913-9298